雨でマルベリー壊滅
 降雨がたたり、腐ってしまうクワの実が大続出。
二〇〇六年五月は降雨がかなり多かったこともあって、マルベリーは熟さないまま腐ってしまうものが続出。
果実が白くなって、つまむとベチャッと潰れて、指が汚れるという腐りぶりだ。
園芸品種のマルベリーは腐りがひどいようで、オレが植えたマルベリーは果実が九割方がダメになった。

写真
白い果実は、未熟果ではなく、カビてしまったもの
2006年6月10日撮影

写真
野生のヤマグワは、果実の表面に突起がある。左上の白っぽい果実は正常な未熟果
2006年6月26日撮影

 山の半野生のヤマグワは梅雨の被害にあわない、とオレは思っていたのだが、那須高原の畑で勝手に何本か生えてきたので放置しておいて、いざ実物を収穫してみると、それでも秀品率は半分ほどで、残りは腐っていた。

 オレはマルベリーを植えて、初成りから最初の数年はよく採れたが、その後は、まったくの不振だなー。
はっきり述べておこう。
桑の実は腐りがひどい、とな。
なんとかしないと収穫皆無が続いてしまうが、まだ対策は特にとっていない。
2007年2月21日 記
作者を誉めるメールを送ってくれえ〜!
▲目次へ戻る