白い桑のホワイトマルベリーの味が・・・マルベリー断念
 マルベリーの大実桑だの多胡早生だの、マルベリーの品種選びは試行錯誤を繰り返してきたが、欧米種のマルベリーは糖度が足りないものが多くて大味で困った。
そのあと実は小さくても糖度は高いという多胡早生を植えたが、アリンコだらけになるうえに果実がベタベタする。

 というわけで、味も収穫もまるっきり思うようにいかぬ。
桑の実はドドメ色に汚れ易いこともあって、そこで思い切って白い桑という苗木を買ってみた。
果実が白いんだ。
糖度もとっても高いという。

 植えたのはもう、3年前以上にもなるだろう。
今年はいかに?。
結実は今まで2年(2回)はある。
味などの確定をしてもいいだろう。

写真

 果実の見た目はイモムシっぽいが、それはかまわない。
味がな・・・。
ずいぶん変な味がしてうまくないんだ。
昨年もこんな味だったから、今年も変な味なのは、もう、こういう味なのだろう。
ホワイトマルベリーだめやん!。

 糖度は全然高くない。
通常のマルベリーは白濁する病気が多発して凄かったが、ホワイトマルベリーはその病気にはやや強いようだ。
腐りやすくはない方だろう。
でも味が気持ち悪い味がするというのが、もう、致命的でさ。

 ついにあきらめたオレ。
今日、桑は全て伐採してしまった。
今まで、試作や模索は充分にやったよオレは。
どうせ桑を植えるならクワ科のイチジクを植えたいしな。
イチジクは連作障害があるので空き地を多めに用意しとかないと。

 マルベリー栽培を全て断念したオレであった。
場所空けしたから跡地には、クワ科以外で何か植えることもできるが、果樹の畑はごちゃごちゃぎっしり植えてあると、ハンマーナイフモアなどで草刈りがしづらい。
とりあえず、空き地にしておこう。
2017年8月7日 記
作者を誉めるメールを送ってくれえ〜!
▲目次へ戻る